"このブログは以下のアドレスに移転しました"
http://aomatsunoriaki.com

1999年01月01日

ゴルフ和製英語「パーオン」

 英語では、「グリーン・イン・レギュレーション(green in regulation = GIR)」と言う。
 アメリカのゴルフニュースなんかでも、「GIR %」というような形でよく使われている。

 なお、「おっ、パーオンですね」と言うときは、
 「It's on in reguration.」、「You are on in reguration.」というような言い方をする。「You're on in two.」などとも言う。

ぱんちょな一言:
 ちょっと、日本人としては、あの「パーオン」の独特のニュアンスが出ない。。。

 話は変わるが、
 野球用語の「打点」は、「Runs Batted In(直訳:打って入った得点)」と言うが、絶対に「打点」の方がシックリくるのと同じような気がする。
 「イチローの打点は〜〜」と言えば済むところを、「Ichiro's runs batted in 〜〜」と言う方が面倒くさいのである。もっとも、英語を話す人には面倒くさいことはないのだろうが。。。

 いずれにしても「パーオン」は逆輸出したい単語の一つである。


posted by ぱんちょ at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ和製英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。