"このブログは以下のアドレスに移転しました"
http://aomatsunoriaki.com

1999年01月01日

ゴルフ和製英語「ガード・バンカー」

 一般的には、「グリーンサイド・バンカー(greenside bunker)」というと言う人は多いが、別に「バンカー(bunker)」で良いのではないのか。。。
 
ぱんちょな一言:
 グリーンをガード(guard=護衛)しているバンカーという意味なら、「bunker guarding the green」。(こんな長い言葉は日本語にならんわな〜)

 この「ガード」という言葉、どういう経緯で日本語になったのかよく判らない場合が多い。
 「ガードレール(guard rail)」というのは、「guard(保護する)」レールで「手すり」とか、いわゆる「ガードレール」と英語のまま使われたりする。「ガードマン(guardman)」なども同じような言葉である。
 しかし、「ガード下の焼き鳥屋」の「ガード」は一体全体どういう意味なのか?
 どうもこれは、「girder bridge(道路上に掛けられた鉄道橋)」からきているようである。
 これを勝手に「ガード」としてしまう日本人、万歳!


posted by ぱんちょ at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ和製英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。