"このブログは以下のアドレスに移転しました"
http://aomatsunoriaki.com

1996年01月03日

グリーンの後ろのバンカーから打った球がグリーンを超えてティグラウンド寄りの池に入った

処置:
 池の中から打てれば、無罰。
 池の中から打てない場合は、1ペナルティで、
 ・元の位置に戻って打ち直すか、
 ・球が転がり込んだ境界線上の地点とホールを結んだ後方線上にドロップ。
 この場合の後方線上とは、グリーンを超えて球が転がり込んだといえどもティグラウンド側である。つまり、池の手前まで戻ってこないといけない。

ぱんちょな一言:
 こういうケースはバンカーでホームランしがちなこのワタクシには結構多い。
 結果的に、再度バンカーから打つか、池越えを打つかという究極の選択になる。
 パー3なのに、終わってみれば10打くらい叩いてしまうのはそのせいである。
 バンカーから2回打ったら外に出してもよいというくらいのルールにしないとゴルフは万人に普及しないのではないかっ!!(おっと、熱くなってしまった。。。)
 

posted by ぱんちょ at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフルール集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。