"このブログは以下のアドレスに移転しました"
http://aomatsunoriaki.com

1996年01月01日

ゴルフルール「ウォーター・ハザード関連」

ウォーター・ハザードに球が入ったがそのまま打った
ウォーター・ハザードに入って球が打てない
ウォーター・ハザード内の球を打とうとしてアドレスしたらクラブが水面に触れた
ラテラル・ウォーター・ハザードに球が入ったがそのまま打った
ラテラル・ウォーター・ハザードに入った球が打てない
ウォーター・ハザードの球を打とうとして邪魔になった水中の枯葉を取り除いて打った
ウォーター・ハザード内に架かっている橋の上に止まった球を打とうとして邪魔になった枯葉を取り除いた
ウォーター・ハザード内に架かっている橋の上に止まった球を打とうとしてクラブを橋の上にソールした
ウォーター・ハザード内に架かっている橋の上に止まった球を打とうとしても橋の欄干が邪魔で打てない
ウォーター・ハザード内の球を確認のために拾い上げた
水中の球をクラブで捜した
水中で動いている球を打った
ウォーター・ハザード内の球が流された結果OBになった
ウォーター・ハザード内でバックスイング中に、水中から生えていた草にヘッドが触れた
ウォーター・ハザードを示す黄色杭にくっついて球が止まっていた
球をドロップする場所が池のそばで、ドロップしても池に転がり落ちる可能性が高く、その後の再ドロップも池に転がる可能性が高いので、最初からプレースした
池越えでグリーンを狙ったところ、対岸(グリーン側)の土手にぶつかり池に球が入った
グリーンの後ろのバンカーから打った球がグリーンを超えてティグラウンド寄りの池に入った


posted by ぱんちょ at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフルール集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。